卒業パーティに潜入!大人も子どもも大盛り上がり

去る1月末の日、東京ワーキングママ大学3ヶ月コースのウーマンリーダーコース第一期生による卒業パーティが開催されました。
スタッフも潜入(お呼ばれ)しましたので、写真を中心にレポートをお送りしたいと思います!



素敵な親子カフェを貸し切りに。

この卒業パーティは一期生による自主企画です。
幹事メンバーを中心に、会場選定から当日の企画まで、仕事の合間をぬって進めてくれました。



今日の流れは、と。
「マジック」と書いてありますね。
気になります。

まず最初に乾杯がありケータリングのランチをつつきながら歓談。
事務局から、最終日に出席できなかった生徒さんへ卒業証書授与。
おめでとうございます!



最終日直前にお子さんの体調不良で参加できなくなってしまったのですが、
チームメンバーでフォローしながらプレゼンテーションを完成させ、そして見事に優勝!
ご本人も課題提出など頑張ってくださり、一期生全員が卒業証書を手にすることができました。

子どもの体調不良。ママにとっては他人事ではありません。
仕事の現場にも通じますが、お互いに協力し合う体制はとても大事なことだと、
スタッフも痛感する出来事でした。

だいたい皆さん食事が落ち着いてきたところで・・・

きました!!
子ども向けの英語マジックショーの時間。



アメリカ人マジシャンによるマジックは、とにかく本格的。
子どももびっくり、大人もびっくりです。




その後は、ママの時間へ。

第一期では、ウーマンリーダーコースは3チームに分かれてリアルプロジェクトワーク(※)を行いました。
期間中は自分たちのグループ内でしかなかなか交流できなかったということで、今回はあまり話したことない人とグループになり、まずはペアで他己紹介ワーク。

他己紹介が終わると、お題を書いた紙(キャリアについて、家事について、仕事環境について、などなど)が渡されて、そこにみんなで思ったことを付箋にかいてペタペタ貼り、そこからフリートークという流れでした。




皆さん、真剣です。

隣では子どもたちが自由に遊んでいます。




盛り上がりすぎて予定よりかなりオーバー!
撤収時にアタフタしましたが、中身が濃く大人も子どもも楽しめるパーティーでした。

子どもが楽しく安心して過ごせることを大切に考えられた場所選びとプログラム構成。
ママたちがワークしている時も、隣のスペースで子どもたちは遊びまわることができ、飽きずに楽しんでくれたようです。

最後まで皆さん話がつきない、つきない。
その中身も前向きで、アドバイスしたり励ましあったりしていました。
卒業生の熱意と問題意識の高さ、行動力の高さはやっぱりすごいなぁとしみじみ感じたひとときでした。

現在東京ワーキングママ大学では、一期生の会長・副会長を中心に、アルムナイ組織づくりを行っています。
女性×母×はたらく人として出会った仲間と、これからも、学び、つながり、成長し合うために、
様々な企画を展開していきます。

横のつながりだけでなく、縦のつながりも。
二期生の皆さん楽しみにしていてくださいね!

▼卒業後の様子はこちらのインタビューでもお話いただいています。
【Special Interview】3ヶ月コース第一期卒業生/株式会社日立ソリューションズ<後編>
http://wm-univ.com/blog/interview/entry-198.html

(本文中※)リアルプロジェクトワークとは、ゲストNPOから提示されるリアル課題の解決に向けて、チームで取り組む授業。最終日にプレゼンテーションを行いクライアントに採択いただくことを目指します。





このページのトップへ