家庭で即実践!共働きだからこそできる、子どもの「生きる力」を伸ばす方法とは?


『子どもの就職力を高める「ヒマ・ビンボー・オテツダイ」習慣』などの著者でもある三谷 宏治先生をお招きして、子どもの生きる力をテーマにした講座を開催しました!

-----子どもの生きるチカラを伸ばす

たくさんの子育て情報の中で生きる現代ママたち。
わたしの周りにも、モンテッソーリやシュタイナーを取り入れている方や、早期教育に力を入れている方は多いです。

それとともに、子育ての悩みや親子関係のトラブルもたくさん聞きます。
みんな、愛する我が子には悲しい想いや、失敗させたくないんです。
だから、干渉しすぎたり、躾もブレてしまうことも。

だからこそ、三谷先生の講座に足を運んでくださった方々だと思うのですが
お母さん方も、講座開始から試される試される!笑

三谷先生からの問いかけに
なんとなく答えはわかるのに、手を挙げられないわたし。
そう、このような消極性は小学校3年生くらいから始まるのだそう。

日本人は自己肯定感が低いことはよく聞きますが、社会で生きていくためにもとても大切なこと。
子どもを通して、実は親である私たちへの問いでもありました。



-----後悔するかも知れないけれど、子どもに選ばせる勇気

三谷先生の実際の子育てのお話には衝撃でした。
どうしても、先回りをして子どもを守りたくなりますが、失敗させるという経験をさせることの大切さ。
なかなか真似できることではないかもしれません。

でも、本当の子どもの自立や幸せを自ら掴む人間になってほしい、と思ったとき…
三谷先生は言います。

子どもには、ヒマと貧乏とお手伝いを与えよ、と。

とにかく膝を打ちまくりの感動の講座でした!

気になった方は、是非三谷先生の著書オススメです。
三谷先生のブログはこちら

講座終了後には、著書販売とサインもいただけました。

***

オープンカレッジの最新情報はこちらをご覧ください。




このページのトップへ